技術紹介(装飾金物)

TOP 装飾紹介(装飾金物) 3次元Rと特殊な押縁の組み合わせ

技術紹介 No.1
ー3次元Rと特殊な押縁の組み合わせー
店舗のファザードを飾る
個性的な変形サッシ

ラファミュルミュール(スカイツリー「ソラマチ」内)

 

ご依頼から施工まで

設計者様からのご依頼

設計者様が描いた「フランス原料乳を使った洋菓子店」のパースと図面。 商品の特長をイメージさせる個性的なデザインでしたが、実際にこれが実現可能なのか判断ができず、弊社に相談に来られました。
パース図
  • 展開図
  • 全体の平面図

弊社からの提案

方向性の決定
提案図やスケッチを用いて、方向性を定めていきます。
室内側から押さえ縁で固定するところを分かりやすく手書きのスケッチで示してます。

詳細の打合せ・やりとり

  • 内部に設置されているガラス加工も考慮した特殊形状の押さえ縁
  • 部材の選定、サッシの内外寸、色・結合部の納まりの詳細。
  • 出入り口のR部のサッシ断面についても複数提案。 コスト面に配慮した構造も提案しています。

最終決定

製作図面の作成

最終決定した内容を設計図面に落とし込んでいきます。
現地で実測した内容を製作図に反映。平面Rの曲げを行ったあと、さらに3次Rの曲げを行い、立体のパーツを製作。

製作・施工

製作図面をもとに自社工場でパーツごとに製作。今回は設置まで当社で行うため、業者進行担当者が同行し作業社に指示をして施工します。

サッシのスケールの大きさから搬入経路や運搬を考慮し、現場で組み立てるノックダウン方式としました。 ジョイント部は目立たなくするために現場塗装を行っています。

TOP 装飾紹介(装飾金物) 3次元Rと特殊な押縁の組み合わせ