技術紹介(装飾金物)

TOP 装飾紹介(装飾金物) サインボード内部への光源の設置

技術紹介 No.3
ーサインボード内部への光源の設置ー
電光式
アイアン製ポールサイン

ヴィーナスフォート

 

ご依頼から施工まで

設計者様からのご依頼

「ヨーロッパの街並み」や「刻々と変化していく空」を演出するショッピングモール。昼の時間帯であっても夕暮れや夜空になるため、設置するポールサインのボード文字の視認性を確保するために、電光式にするという案件です。
設置場所、数量を示した平面図。ストリートの中央線上に全部で7台を設置予定。

弊社からの提案

方向性の決定
提案図やスケッチを用いて、方向性を定めていきます。
  • 弊社から提案したポールサイン案。照明機能とコストの両面から、採用するデザインを決定。

詳細の打合せ・やりとり

設計者様からのチェックバックなどを経て、細部を一つひとつ決定していきます。
  • 内部の光源装置について先方からいただいた資料。
 
  • アイアンのサインボードに照明を収納する方法をスケッチ。金物部分のみを説明していて、通線部分の構造や色についての補足も大方決めています。 何回かやり取りを行って方向性が決まった段階で提出した最終図面。この内容で製作が進行します。
 

最終決定

製作図面の作成

最終決定した内容を設計図面に落とし込んでいきます。
  • 決定した図面をもとに、各部パーツの詳細な製作図をミリ単位で作成していきます。
 
装飾ポールベースの設置方法についての説明。設置順位がわかるようにイラストを添えて補足説明しています。

製作・施工

製作図面をもとに自社工場でパーツごとに製作。今回は設置まで当社で行うため、業者進行担当者が同行し作業社に指示をして施工します。

製作図をもとに自社工場にて製作。このあと焼付塗装を行います。

後に電気工事業者様が作業を行えるよう、ポールサイン設置後、配線コードを照明部まで引き出す作業を行っています。

TOP 装飾紹介(装飾金物) サインボード内部への光源の設置