技術紹介(装飾金物)

TOP 装飾紹介(装飾金物) スチール製建具の開閉と防水の技術

技術紹介
ースチール製建具の開閉と防水の技術ー
屋外と室内の
スチール製滑り出し窓付サッシ

渋谷区「HECKEL SHIBUYA」

 

ご依頼から施工まで

設計者様からのご依頼

リビングの間口いっぱいに広がるインナーテラスや、寝室・リビング間にサッシを設置する案件。希望されている引き戸本体の見付(正面から見える幅)が、既製の鋼製建具や木製では製作し難いため、スチール製での特注対応となりました。なお依頼図面では、詳細な部分でいくつかの不明点が見られたので、密な打ち合わせをして具現化させていきます。


  • 先方から頂いたパース画や平面図。ここから先方のイメージを具現化していきます。

弊社からの提案

方向性の決定

提案図やスケッチを用いて、方向性を定めていきます。


  • 現地にて打ち合わせを行い、その内容をスケッチして、提案を行いました。滑り出し窓の動作等、希望される機能の確認を行います。

  • セミエアタイト、パラレル型なドアクローザー(DC)などを使用することを平面図にて説明。

詳細の打合せやりとり

設計者様からのチェックバックなどを経て、細部を一つひとつ決定していきます。


  • [室内]
    サッシの格子部について寸法指示をいただきます。

  • [室内]使用したドアノブ図。

 


  • [屋外]こちらは平面寸法の指示になります。

  • [屋外]
    DCはレトロなデザインのものに変更しました。

 

最終決定

製作図面の作成

最終決定した内容を製作図面に落としこんでいきます。


  • [室内]製作図。

  • [屋外]扉の詳細製作図。変更されたDCも図面に入れ込んでいます。

 


  • [屋外]開閉部の縦断面詳細の製作図。

  • [屋外]製作図。

製作・施工

製作図面をもとに自社工場で製作し、設置まで当社が行ったため、業務進行担当者が同行し作業者に指示をしています。全行程で3週間程の製作期間でした。

TOP 装飾紹介(装飾金物) スチール製建具の開閉と防水の技術